トップ > 行政情報 > お知らせ > 福祉課からのお知らせ > その他福祉関係事業

その他福祉関係事業

福祉医療制度

0歳~高校生までの子ども、障害のある方、ひとり親家庭の方、高齢者の方を対象に、医療費の一部を助成します。

詳細はこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

子育て支援事業

延長保育事業
朝7時20分から夕方6時45分まで
一時保育事業
保護者の疾病などにより
学童保育事業
小1~小3まで日曜日を除く毎日
つどいの広場
子育ての悩み相談など(保育園入所前の幼児とお母さんが対象)週1回
出産祝い金事業
第3子以上の出産に1子あたり10万円を支給
(但し、5年以上村内に居住することが条件)
妊婦健診
妊婦の健康管理の充実及び経済的負担の軽減
保育料
平成19年度から6年間で約50%引き下げ

高齢者予防接種事業

肺炎球菌予防接種事業
70歳以上の高齢者、65歳から69歳未満で心臓・腎臓・呼吸器に重い病気のある方
(身体障害者手帳1級相当)に対し、肺炎球菌予防接種料7,350円を、自己負担1,500円で
接種できる(1回接種すると、5年間有効)
※前年度までは、初回に限りの補助でしたが、平成25年度より2回目の補助を開始します

村単補助事業

家庭介護者慰労金支給事業
重度の(要介護度3・4・5)の在宅高齢者の介護者に慰労金を支給

在宅支援事業

福祉バス運行事業
週5日、医療機関、公共施設、温泉施設を巡回し、高齢者の足の確保を行う
灯油の配布
年末に灯油54ℓを支給
(村民税非課税の65歳以上独居及び、75歳以上で高齢者のみの世帯)
老人クラブ社会活動事業
駅、公園など公共施設の清掃・植木の手入れなど、社会参加と奉仕を主とした活動
高齢者祝品支給事業
88歳及び100歳を迎えた方に祝品を贈呈する
火災警報器支給事業
火災の際に住宅内外へ周知させるような警報器を設置することで
自身も地域も、いざという時の安心につながり、住み慣れた自宅で
心身ともに安定した生活を継続してもらうことができる
(65歳以独居、75歳以上高齢者世帯)

福祉用具の貸付

在宅で介護を必要とする介護者の負担を軽減するために、福祉用具を貸し、福祉の増進を図る
(電動ベッド、車椅子、吸引機、布団乾燥機)

▲このページの先頭へ