トップ > 行政情報 > 下條村のあらまし > 村章・村花・村木

村章・村花・村木

村章

むらしょう 下條村の村章は、頭文字「シ」を図案化したものです。
大空に向かって羽ばたく鳥の姿を表し、中の円は村人の和と太陽を示しています。
全体的な躍動感は、限りない未来へ躍進する村の姿を象徴しています。

村花

こすもす コスモスの花は可憐、庶民的です。。
花言葉は「乙女の純潔」、「乙女の愛情」
生命力が旺盛でどこでも良く育ち、繁茂します。
また、コスモスには「聖なる秩序」、「宇宙」という意味があり、旺盛な生命力と将来に向かって限りない発展を目指す村を表現するのにふさわしいところから村花としました。

村木

はなのき ハナノキは、樹形が良く、雄々しく風格に富んだ巨木となる木で、主に下伊那西南部に自生しており、下條村は全国でも数少ない自生村の一つです。
芽吹きと紅葉が極めて美しく、遠くからも赤く花盛りが見える色と姿は、古い歴史を礎に発展し、内外から注目を集める村の姿を表現するにふさわしいことから、村木としました。

▲このページの先頭へ