トップ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 高額な医療費がかかった場合

高額な医療費がかかった場合

高額医療費とは?

注射を受けている少年のイラスト

高額療養費とは、医療機関に支払う1ヶ月の自己負担額が限度額を超えた場合、申請によりその超えた額が高額医療費として支給される制度です。

同じ月内の自己負担額が限度額を超えた場合
所得区分 自己負担限度額
一般 80,100円+(医療費-26,700円)×1パーセント
上位所得者 150,000円+(医療費-500,000円)×1パーセント
住民税非課税世帯 35,400円

上位所得者:国民健康保険税の算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額が600万円を超える世帯のことをいいます。

1年間に4回以上高額療養費の支給を受ける場合(多数該当)
所得区分 自己負担限度額
一般 44,400円
上位所得者 83,400円
住民税非課税世帯 24,600円

同じ世帯で、1年(12ヶ月間)に4回以上高額療養費の支給を受けた場合は、4回目以降の自己負担限度額は、上記表のとおりで、それを超えた分が支給されます。

同じ世帯で合算して自己負担の限度額を超えた場合(世帯合算)

同じ世帯で、同じ月内に自己負担額を21,000円以上支払った場合が2回以上あったとき、それらの額を合算して、自己負担限度額を超えた分が申請により支給されます。(自己負担限度額は、所得区分により上記2つの表のとおりです。)

70歳から75歳未満の方の自己負担限度額
所得区分 外来の限度額
(個人ごとに計算)
入院がある場合の限度額(世帯単位)
現役並所得者(注1) 44,400円 80,100円+(実際にかかった医療費-267,000円)×1パーセント
一般 12,000円 44,400円
低所得者2(注2) 8,000円 24,600円
低所得者1(注3) 15,000円
  • (注1)同一世帯に課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者(以下「高齢者」)がいる方。ただし、高齢者の収入合計が一定額未満(高齢者が一人の世帯:年収383万円未満、高齢者が二人以上の場合:年収520万円未満)である旨申請があった場合を除く
  • (注2)同一世帯の世帯主と国保被保険者が住民税非課税の方(低所得者1以外の方)
  • (注3)同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費、控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0になる方

入院時の食事代の自己負担額

1日の食事負担額 780円

高額療養費の計算上の注意点

  • 月の1日から末日までの1ヶ月(暦月)ごとに計算します
  • 各医療機関ごとに計算します
  • 同じ医療機関でも入院と外来、医科と歯科は別々に計算します
  • 入院時の差額ベット代や歯科の自由診療及び入院時の食事代は対象となりません

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

お問い合わせ先

下條村役場 福祉課 住民係
電話番号 0260-27-2311 Fax番号 0260-27-3536

お知らせアイコン

top