トップ > くらしの情報 > 国民健康保険 > 医療費を大切に

医療費を大切に

医療費の節約には、医療機関のかかり方や薬との付き合い方を見直すことが有効です。

医療費は増加傾向にあり、このまま増え続けると、保険税の引き上げも考えられます。そうならないためにも医療費を節約しましょう。

上手な医療機関のかかり方

  • 休日、夜間の受診は割増料金がかかります。緊急性が高いのかどうか、よく考えましょう。
  • 同じ病気で、複数の医療機関で受診する重複受診は医療費のムダです。
  • 安心して日ごろから相談できるかかりつけ医を持ちましょう。
  • 病気は自覚症状なく進行することも少なくありません。健康診断は年に1回必ず受けましょう。
  • 最初から大病院ではなく、まずはかかりつけ医で受診し、必要があれば紹介状をもらいましょう。紹介状なしで大病院の外来で受診する場合、別途負担があります。
  • 休日、夜間に子どもの急病で心配なときは小児緊急電話相談(#8000)を利用しましょう。

上手な薬との付き合い方

  • 「かかりつけ薬局」を決めましょう!

 過去に渡した薬や相談の内容などを記録し、体調や体質なども理解したうえで、薬の調剤をしてくれます。特に複数の医療機関にかかっている場合は、薬の重複や飲み合わせをチェックしてくれます。

  • お薬手帳を活用しましょう!

 お薬手帳とは、自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。

 ※お薬手帳が複数あると、薬の重複をチェックできません。必ず1冊にまとめましょう!お薬手帳は常に持ち歩きましょう。

  •   薬がたくさん余ったら

 薬局にまとめて持って行きましょう!

 薬剤師さんが、薬の種類、量、使用期限などを確認し、まだ使える薬は使い、お医者さんに相談して処方を調整してくれる場合があります。

  • ジェネリック医薬品を利用しましょう!

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、最初に作られた薬(先発医薬品:新薬)の特許期間満了後に、有効成分、用法、効能・効果が同等の医薬品と申請され、厚生労働省の許可のもとで製造・販売された、新薬より安価な薬です。

 利用を希望するときは、お医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。

よりよいウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

お問い合わせ先

下條村役場 福祉課 住民係
電話番号 0260-27-2311 Fax番号 0260-27-3536

お知らせアイコン

top