トップ > むらの紹介 > 文化財 > 県宝

県宝

合原阿弥陀如来坐像

 伊那地方には少ない藤原期の仏像の一つ。
平安時代後期の作で、古くより地方郷民の信仰を集めてきたものである。
等身大の阿弥陀如来像は定朝様(じょうちょうよう)による地方には珍しい優れた作品です。


合原阿弥陀如来坐像

■交通案内
三遠南信自動車道天龍峡ICより車で15分
JR飯田線天竜峡駅より車で20分

長野県公式観光ウェブサイト

白隠禅師「隻履之達磨」

江戸時代、宝暦年代、臨済宗妙心派の高僧であり、名筆として知られる
白隠禅師の書いた書画です。
宝暦7年(1757)白隠73歳の時、布教のため伊那地方へ下向し飯田市川路の開善寺
に逗留しました。その折、龍嶽寺に7日逗留し、その間にこの「隻履之達磨」は
書かれたと伝えられています。
この隻履之達磨は現存する白隠の作品の中で大作と言われ、龍嶽寺の寺宝です。


白隠禅師「隻履之達磨」

■交通案内
三遠南信自動車道天龍峡ICより車で20分
JR飯田線天竜峡駅より車で25分

■場所
下條村陽皐4616 龍嶽寺

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?

お問い合わせ先

下條村 教育委員会事務局
電話番号 0260-27-1050 Fax番号 0260-27-3006

お知らせアイコン

top